想ひ出のスノーボード

ある時期、狂った様にハマっていたスノーボード。いつのまにか完全に引退状態になっており、気がつけばもう15年近く放置状態のボードを処分いたしました。当時登場したばかりのステップインシステムです。メチャ高かったのですよ。確かに便利でしたが滑りにくかったのも事実でした。
思い出深いものですが思い切って断捨離敢行です。
c0199529_21460575.jpg

[PR]

# by CHANGPING | 2017-10-19 23:17 | 私生活(日記) | Comments(0)

新丸ビル7F「丸の内ハウス」テラス席

久しぶりにこうして東京駅を眺めると、随分と駅前の整備が整ったんだなぁと実感します。
完成までもう少し!?ですね。
c0199529_23254615.jpg
などと考えつつ、ちょうどお昼時だったのでランチビールなど。我ながらなかなかオツな休日です。
c0199529_23255385.jpg
休日故に随分と待ちましたが、ランチはビザです。思いの外(と言っては失礼)結構本格的なマルゲリータなんですね。実はトマト苦手なのですが、こういうのはノリで食べれるのです。
c0199529_23255992.jpg
席を東京駅側から皇居側へ移動。さっきまでいた永田町界隈を眺めながらランチ。良い休日のランチとなりました。
c0199529_23260351.jpg
新丸ビル7F「丸の内ハウス」テラス席、そんなに混んでいませんのでオススメですよ。
気になる方は、こちらの記事が参考になるかと思います。


[PR]

# by CHANGPING | 2017-10-13 23:36 | 江戸ブラブラ | Comments(0)

溜池山王 〜土地の記憶〜

国会議事堂から溜池山王方面をブラブラ散策していると、なるほど昔はここが溜池だったという事がよく解る地形がたくさんあります。
c0199529_17394939.jpg
見事なまでに窪んでますねー。
“溜池”とは、江戸時代にこの地に造られた大規模な“ため池”(貯水用の池)に由来しているのは言うまでもありません。江戸時代のはじめに江戸城の防備を兼ねた外堀兼用の上水源として作られ、水道の発祥地とも言われているようです。2代将軍秀忠時代には、鯉・鮒などを放流し、蓮を植えて上野の不忍池に匹敵する名所となったそうです。
c0199529_17395593.jpg
最後に江戸時代の溜池の絵を貼っておきます。
c0199529_17395984.jpg

[PR]

# by CHANGPING | 2017-10-08 17:45 | 江戸ブラブラ | Comments(0)

衆議院見学

先日の参議院見学に続き、衆議院を見学致しました。(参議院見学時の記事はこちら。)
衆議院は土日でも見学できるのがありがたいところです。大人の社会科見学、随分と人気ありますね。
c0199529_17280425.jpg
いよいよ衆議院へと入ります。
c0199529_17281119.jpg
結構急な階段を登り降りますのでお年寄りや体の不自由な方は参加難しいツアーですね。
(この日僕は膝を負傷していたのでちょっとだけ気を使いました。)
c0199529_17281486.jpg
「こんな写真撮って大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、大丈夫なのです。
参議院見学の時は事前の説明で厳重に撮影禁止の旨説明があったのですが、なんでも最近規制緩和されて撮影OKとなったのだとか。(撮影OKなのは静止画のみです。)
c0199529_17281736.jpg
いつもの議会と様子が違うの解りますか?
衆議院が解散したので、普段机に取り付けてある名前の札(って言うのかな?)が取り外され、無造作に床に置かれています。こんな場面は解散した今しか見れないですよね。貴重です。
c0199529_17282192.jpg
議事堂内はいちいちオシャレで高級感があります。やはりこういう建物は威厳を保てないといけませんからね。
c0199529_17282587.jpg
中央広間。議事堂で一番高い中央塔の真下にあり、2階から6階までの吹き抜けになっていて、法隆寺の五重の塔がちょうど入る高さなのだそうです。
中央広間には議会政治の基礎を作るために功労のあった板垣退助、大隈重信、伊藤博文の銅像があります。4つ目の台座には銅像がありませんが、これは「4人目を人選できず将来に持ち越された」とか「政治に完成はない、未完の象徴」という意味もあるといわれているそうです。諸説ありますってところでしょうか。
c0199529_17283253.jpg
参議院同様、国会議事堂の正面に出てツアー終了です。
c0199529_17283866.jpg
今回のツアーで参議院・衆議院の両方を制覇したわけですが、正直なところどちらへ参加しても変わらない、内容はほぼ同じですね。ただ今回は "写真撮影OK" であったのでその分かなり楽しく感じました。
約1時間程度のツアーですので、大人の社会科見学にはもってこい、お勧めです。


[PR]

# by CHANGPING | 2017-10-05 17:50 | 江戸ブラブラ | Comments(0)

つけ麺「大王」のソース焼きそば(品川区大崎)

JR大崎駅西口の階段を降りてすぐにある「つけ麺大王」さん。
看板では「つけ麺」を謳ってはいますが、焼きそばの名店でもあるんです。
c0199529_22461839.jpg
これぞ日本の焼きそばというビジュアル。これで普通盛りなのだから頭が下がります。味はまぁフツー。騒ぐほどではなく、うちのワイフ製焼きそばの方が100倍美味い。
c0199529_22462094.jpg
その裏手から裏道を通り五反田へと抜ける路地が結構お気に入りルートです。とても品川とは思えないローカルな街並みが広がっているんですが、微妙な上り坂が続くので暑い日は注意が必要です。地味に疲れます。
c0199529_21415536.jpg
大崎鎮守 居木神社」が佇んでいます。
c0199529_21420037.jpg
c0199529_21420439.jpg
ここを通り抜けると近道なのですが、ただ通り抜けると神社の人に怒られるそうです。「神様の前では頭を下げるものだ」と... それを聞いてから時間がない時でも頭を下げる様にしています。
c0199529_21420817.jpg
お隣には稲荷神社もなり、なかなか厳かな雰囲気で史蹟巡り好きには堪らないポイントです。
c0199529_21421292.jpg
そして五反田へ抜けると一気に繁華街となり、雰囲気が一変するから東京とは不思議で面白いものです。


[PR]

# by CHANGPING | 2017-09-30 00:11 | 江戸ブラブラ | Comments(0)

ポテチ

伊坂幸太郎作品は大好きなので期待していたのですが...
全く面白くなかったなぁ。一体何を訴えたかったのか。そもそも映画化する程のストーリーではないでしょう???
めちゃ短編だし。
c0199529_21161253.jpg
でも、木村文乃は美しい。(かわいい!)
「ぶっとばすよ!」という荒っぽいセリフは似合いませんが、それもまた可愛らしい。
c0199529_21162036.jpg



[PR]

# by CHANGPING | 2017-09-28 21:59 | 最近観た映画・DVD | Comments(0)

西新宿「思い出横丁」のカブト(2回目)

ラーメン屋さんなどのお食事処のお一人様は苦になりませんが、飲み屋さんのお一人様はあまり得意ではなりません。しかし、誰も付き合ってくれない夜もあります。そんな時、勇気を振り絞って西新宿「思い出横丁」の "カブト" に行ってみました。
c0199529_21544451.jpg
運良く隅っこの席が空いていたので、「ひと通り」をオーダーして焼きあがるウナギを見ながらしっぽりと。なるほど、お一人様は入るまではキンチョーしますが、入ってしまれば何て事はありません。こうしてシッポリと飲むのも悪くありません。
c0199529_21544957.jpg
客観的にこうしてサラリーマンを見ていると、口からでるのはグチばかり。そんなお酒美味しいのかな?と思ってしまいますが、いつもは僕もあちら側の人間でした、それも見事なくらいに...
これはイカンなぁ。お酒は楽しく飲まなければ! そんな事を感じた夜、こういう日も必要かもしれません。


[PR]

# by CHANGPING | 2017-09-26 22:24 | 江戸ブラブラ | Comments(0)

鶯谷の「ささのや」(台東区根岸)

おんな酒場放浪記」で見た「ささのや」さんに行きました。
山手線でいちばん利用客が少ないと言われる鶯谷はなかなか魅惑的なスポットで何やら別世界の様な雰囲気...
c0199529_21484341.jpg
階段を降りていうと、炭火焼きの香ばしい匂いと豪快な煙が漂ってきますので、調べずとも場所は一発で解りますよ。
c0199529_21485083.jpg
串焼きは全品70円という破格値。これで儲け出るのかな?と心配になります。
外(立ち席)で飲食する場合は前金制です。
c0199529_21490028.jpg
c0199529_21490498.jpg
こういうところに来たらやっぱり外ですよね。僕はレモンサワーと部位は拘らずにテキトーに4本ほど。こ、これは美味い。歯ごたえバッチリ。(という事はうちのワイフは苦手かも。)
色々ホルモンを食べてきましたが、「じゃりんこチエ」のホルモンにイメージ一番近いかも。
c0199529_21490741.jpg
初秋の夕暮れにアウトドアでちょっと一杯とは僕も随分大人になったものです。
ささのやさんのすぐ近くに「新坂」というスポットがありました。調べてみると...そんなに大した謂れもないなんてことない坂でした。
c0199529_21491273.jpg
<新坂>
明治になって、新しく作られた坂である。それで、新坂という。明治11年(1878) 内務省製作の『上野公園実測図』にある「鴬坂」がこの坂のことと考えられ、少なくともこの時期には造られたらしい。鶯谷を通る坂だったので、「鴬坂」ともいわれ、坂下の根岸にちなんだ「根岸坂」という別名もある。


[PR]

# by CHANGPING | 2017-09-24 21:57 | 江戸ブラブラ | Comments(0)