タグ・ホイヤーの革ベルト交換

約13年前から愛用しているタグ・ホイヤーの革ベルトを交換しました。
この革ベルト、実は見た目ほど丈夫ではなく13年間で実に4回目の交換、つまり平均2年程度しか持たない計算になります。
(金属製ベルトも付属しているのですが、少しケバイというか友人に『チンピラ・ホイヤー』と揶揄されたので自粛しています。)
c0199529_2148385.jpg
輸入物なので為替によって価格はかなり異なり、当時はベルトだけで2万円もしましたが、現在は半額の1万円で購入できます。

これは持論なのですが、腕時計というのはビジネスシーンにおいて必須アイテムであると思っています。お客様との打ち合わせを通じて気付いた事なんですが、デキる男ほどよい時計をしているんですよねぇ。特にクリエイティブな仕事をしている私たちの業界では、「時計なんて時間さえ分かればなんでもいい・・・」などと言っている輩は、やっぱりそれなりの仕事しかしていない傾向があります。(あくまでも統計ですので誤解なきよう。)
高い時計をしていればいいと言うものではありませんが、時計に拘るくらい精神的にも金銭的にも余裕がある人は、仕事上の些細な事にも気配りを見せられるので、結果的にビジネスがうまくいくのでしょう。
とわかってはいても、なかなかロレックスに手を出せない小心者の自分がいます・・・
[PR]

by changping | 2010-01-18 21:49 | 最近買ったモノ | Comments(0)