東北地方太平洋沖地震 ~避難所生活編~

無事新幹線から脱出(新幹線脱出編参照)し、新白河駅に降り立ったのが22:27
地震発生から実に10時間後の事です。
c0199529_21382589.jpg
とにかく寒かったので自動販売機でコーンポタージュを購入して暖を取りました。
c0199529_21384419.jpg
何台ものバスで乗客全員が避難所へ移動。
c0199529_213921.jpg
避難場所は 「白河市立白河中央中学校」 の体育館。JRからはカイロと毛布2枚、
そして乗客全員が収容されるとすぐにパンとお茶が支給されました。
このパン、やたらと美味しかったなぁ。
c0199529_21395538.jpg
体育館の四隅に大型のサーキュレーターが設置されているとは言え、とにかく寒い。
毛布に包まっているしかない状態です。体育館には結構な数のコンセントがありましたので、ここからはバッテリーを気にする事なくメールやインターネットで状況把握が出来ます。
この時点で家族や友人の無事が確認できてほっと一安心。
c0199529_21402663.jpg
深夜AM1時頃だったでしょうか、JRから本日のお詫びと現状の説明がありました。
別にJRが悪いわけではないのに。

JRの人だって家族の安否が気になるだろうに...
お腹も減っているだろうに...
疲れているだろうに...
さぞ寒いだろうに...
子供にはお菓子やおもちゃまで準備して...

説明が終わった時には期せずして拍手が沸き起こりました。感動しました。
今回新幹線に乗っていた人達は実に紳士的で大きな混乱もなく、冷静だっのが良かったと思います。大抵こういう場面では文句を言出だす輩がいるもんですが・・・
c0199529_214058100.jpg
翌朝AM6時頃、乗客所有のパソコンを体育館の放送に繋ぎ、ニュースの音声が流されました。一気に情報が広がります。
c0199529_2145334.jpg
近くの新聞屋さんも新聞を無料で提供してくれたらしいです。
紙面を通すと、事態の深刻さを実感します。
c0199529_2145368.jpg
朝食も支給して頂きました。暖かくはありませんが、やっぱりお米は美味しいです。
c0199529_21461028.jpg
午後13時頃から行き先別(新幹線駅)でバスの代替輸送が始まりました。
自分は大体15時頃の出発だったでしょうか。この時もバスの中で食べる食料が支給されます。対応にあたったJR職員一同が校庭からバスが出るまで頭を下げて挨拶。
ホントにいたせりつくせりの対応でこちらが頭が下がります。
良い社員教育しているなぁJR東日本

地震発生から丸1日の出来事はこんな感じでした。

色々と対応してくれたJR東日本の職員のみなさん、
快く避難場所を提供してくれた白河市、白河中央中学校の校長先生、
無料で新聞を提供してくれた近所の新聞屋さん、
そして新幹線に偶然同乗し、情報交換して励まし合った見知らぬ皆さん、

本当にありがとうございました!
[PR]

by changping | 2011-03-14 22:00 | 私生活(日記) | Comments(0)