京都伏見 寺田屋・土佐藩邸跡地・鳥羽伏見戦弾痕跡など

iPhone5にすっかり気を取られてしまいましたが京都紀行に復帰します。
伏見編の最後は、伏見の歴史を感じさせるスポット集です。

まずは龍馬ゆかりの宿・寺田屋。これはもう有名過ぎますね。
以前にも紹介しているので割愛させて頂きます。
c0199529_1754631.jpg
シブイ店構えの和菓子屋さん、実はココが路面電車発祥の地なのです。
c0199529_176542.jpg
マジマジと覗き、写真と撮りまくって何も買わないのは気が引けたので、1本150円の草団子を買って食べ歩き。甘くなくて美味しかった。
c0199529_1755819.jpg
龍馬が駆け抜けた街・龍馬通り商店街
c0199529_1762161.jpg
地図を見ていたら、寺田屋のほど近くに伏見土佐藩邸跡の石碑があるという事だったので行ってみましたが。。。
c0199529_1761339.jpg
こ、これか!? 今は月桂冠の情報センターとなっている片隅に石碑がちょこんと建っているだけ。
う~ん、もうちょっと雰囲気ある造りにできなかったかなぁ。
c0199529_1763268.jpg
そして伏見の最後を飾るのは幕府軍と新政府軍戦った痕跡、鳥羽伏見戦弾痕跡です。現在は「京都料亭 魚三楼」という自分にはなかなか敷居が高そうな料亭になっています。
c0199529_1762860.jpg
なるほど、確かにそう言われればそう見えなくもないですが、これくらいの傷はばぁちゃん家にもあなぁと思いつつも、信じたて楽しむのが旅っていうものですね。
c0199529_1765047.jpg
c0199529_1765054.jpg
以前伏見に来た時は寺田屋しか興味ありませんでしたが、こうして時間をかけて歩いてみると、歴史が香るとても良い街でした。龍馬ゆかりの地っていうのがポイント高いですね。
[PR]

by CHANGPING | 2012-10-07 00:01 | 旅行記(国内) | Comments(0)