「WILD WEST SHOW」の看板をD.I.Y.で製作

我が家の庭のコンセプトは古い西部、つまりウェスタン。な~んかインパクトのあるものが欲しいなぁとネットを探していたら目に付いた「WILD WEST SHOW」の看板。
c0199529_22523282.jpg
これは雰囲気あっていいなぁと金額を見ると8,000円。決して買えない金額ではありませんが・・・
じ~と見ていると「これ、自分で作れるなぁ。」と思い始めました。
そう思ってしまうと寝ても覚めてもそればかり頭に浮かび、実行に移したくなる性分なのです。早速近くのホームセンターで板を購入して適当な大きさにカット。スプレーでシューっと吹き付け。イエローという色は薄いので何回にも分けて塗り重ねる必要がある事は子供の頃にプラモ製作で学びました。
c0199529_22525255.jpg
乾いたらあとは室内での作業。キッチリとマスキングして、グリーンとレッドの線を描きます。
c0199529_22531651.jpg
ウエスタンの書体はネットを探しても見つからなかったので見よう見マネで自作。
フリーハンドで型を作りました。
c0199529_22533262.jpg
型を当てて下書きし、一文字ずつ塗りつぶしていきます。地道な作業ですが意外に簡単なのです。
c0199529_2254222.jpg
ココまでとてもいいカンジで仕上がりましたヨ。
c0199529_22542722.jpg
赤文字で書いた部分は型こそパソコンで出力しましたが、同じ要領でフリーハンドです。
c0199529_22544534.jpg
仕上げはしっかりとクリアーで。屋外に置くものなので防雨(鳥の防糞)対策は大切です。
c0199529_22551598.jpg
どうです? いいカンジでしょ~?
今は新品ピカピカ状態ですが、時間の経過と共に朽ち果ててくると、これまた雰囲気が出てくると期待しています。
c0199529_22554180.jpg
c0199529_22555392.jpg
費用的には約1,500円程度、後は自分の手間だけです。お金をケチったワケではありませんが、やはり自分で作り上げたものは愛着が違いますね。
これがD.I.Y.の魅力、一度味わってしまうと辞められません。さぁ次は何作ろうかなぁ。
[PR]

by CHANGPING | 2012-11-20 23:04 | D.I.Y. | Comments(0)