2017年 08月 16日 ( 1 )

秘境巡り② 〜峠駅(山形県米沢市)〜

前回記事の「峠の力餅」の向かい側にあります。

鉄分がちょっぴりある(正確には残っている)僕は、こういった鉄道遺産というべき施設を見るとなんとも感慨深いものがあります。奥羽本線峠駅。「峠駅スイッチバック遺構」という名称らいしいです。
c0199529_9441791.jpg
スイッチバックの時のスノーシェッドがそのまま残り、その内部には僅かに当時のレールが残っています。かつてはここでスイッチバックを行い、峠を越えていったのですね。
c0199529_9442074.jpg
スノーシェッドを進んでいくと、現在の峠駅のホームがあります。そう、現役の駅なのです。
c0199529_9442335.jpg
しかし停車する電車は日に数本のみといいのは寂しい限り。その多くは山形新幹線として通過していきます。
c0199529_9442714.jpg
運が良い事に、上下線の山形新幹線通過のタイミングでした。

上り山形新幹線の通過。


下り山形新幹線の通過。


こんなローカル駅の脇を新幹線が通過していくというのはなんとも不思議な気がします。ちょっとビックリですね。
c0199529_9442929.jpg
新幹線が通過した後は静粛な空気が流れ、またタイムスリップしたかの様な雰囲気。レールが撤去され、もう使われていないトンネルを見ているとなんとも感慨深い。
鉄分がある人にはかなりオススメなスポットです。
[PR]

by CHANGPING | 2017-08-16 09:02 | 旅行記(国内) | Comments(0)