サークル花壇の泥水流出防止策

庭のリフォームをしてから随分と手がかからなくなり、デザインも良いしラクチンだと思っていたのですが、ずっと気になる箇所がありました。そう、雨が降ったり水撒きしたりすると、シンボルツリーの根元から流れ出る泥水が石畳を汚してしまうのです。
c0199529_1332867.jpg
西側の部分は直線的だったのでD.I.Yで簡単に対応できたのですが、円形故に随分と悩んでいました。そこで目に留まったのが、JR東日本の新幹線や特急の座席に置いてある冊子Train Shopに載っていた芝の根止め。コレ使えるんじゃないかと早速調査開始。なるほど、同じ用途に使っている方々も結構いる様で、早速Amazonで購入しました。
c0199529_13321092.jpg
AmazonだとTrain Shopの半額以下の価格で買えました。手間を掛けてでも方々調べてみるものですね。40枚入りで2,700円(送料無料)くらいです。
c0199529_13321483.jpg
こんな感じで施工完了。少し加工が必要かなぁと思っていましたが、これがジャストフィット。偶然ですがキレイな円を描き、ぴったりとジョイントできました。
c0199529_13321634.jpg
試しに水を溜めてみると、バッチリとブロックして泥水の流出を防いでいます。完璧。良いアイディアのもと、良い買い物ができ、良い作業ができました。
c0199529_13321822.jpg
自画自賛のD.I.Yです。素敵な勘違いも大切ですね。
[PR]

by changping | 2014-05-12 19:38 | D.I.Y. | Comments(0)

「CROSSING RAILROAD」の看板

以前制作した「WILD WEST SHOW」や「CLOSED」の端材がまだあったので、ジ〜っと眺めていたらピンッと閃き早速着手。
スプレーでイッキに白く塗ります。今回は一色のみなので超簡単〜
c0199529_2124291.jpg
完全に乾いたら室内での作業。マスキングしてPCで制作した切り文字の型で下書きしてという流れは今までの作品と全く同じ工程。もう手慣れたものです。
c0199529_2125228.jpg
じゃじゃ〜ん、速攻で完成しました。
「CROSSING RAILROAD」の看板、つまり外国の踏切です。もちろん雨対策としてクリアコートしています。
c0199529_2125858.jpg
慣れも手伝って今回はトラブルもなくカンタンに仕上がりました。ただ2枚の板をクロスする角度にもうちょっと工夫が欲しかったかなと反省。90度でなくもうちょっと上から潰した感じのクロスがよかったかもしれませんね。
庭に飾りたいのですが、どこに設置すればいいかと悩んでいるうちに、現在はシアタールームのオブジェと化しています。。。
[PR]

by changping | 2013-12-12 21:13 | D.I.Y. | Comments(0)

CLOSEDの看板

以前制作した「WILD WEST SHOW」の看板の端材を利用して、今度は「CLOSED」の看板を制作してみました。
c0199529_2249119.jpg
c0199529_22492140.jpg

c0199529_22491746.jpg
なかなか上手い具合に完成したなと思い、庭のシンボルツリーに飾ってみたのですが、「OPENならともかく、CLOSEDは縁起が悪い」とのワイフの一言でお蔵入りとなりました。良く考えればそりゃそうかと自己嫌悪。。。
c0199529_22493045.jpg
なぜOPENにしなかったかと言うと、文字数が少なくてバランスが取りづらいからです。でもやっぱりOPENにすればよかったなぁ。完全にチョイスミス。
[PR]

by changping | 2013-10-19 22:53 | D.I.Y. | Comments(0)

「WILD WEST SHOW」の看板をD.I.Y.で製作

我が家の庭のコンセプトは古い西部、つまりウェスタン。な~んかインパクトのあるものが欲しいなぁとネットを探していたら目に付いた「WILD WEST SHOW」の看板。
c0199529_22523282.jpg
これは雰囲気あっていいなぁと金額を見ると8,000円。決して買えない金額ではありませんが・・・
じ~と見ていると「これ、自分で作れるなぁ。」と思い始めました。
そう思ってしまうと寝ても覚めてもそればかり頭に浮かび、実行に移したくなる性分なのです。早速近くのホームセンターで板を購入して適当な大きさにカット。スプレーでシューっと吹き付け。イエローという色は薄いので何回にも分けて塗り重ねる必要がある事は子供の頃にプラモ製作で学びました。
c0199529_22525255.jpg
乾いたらあとは室内での作業。キッチリとマスキングして、グリーンとレッドの線を描きます。
c0199529_22531651.jpg
ウエスタンの書体はネットを探しても見つからなかったので見よう見マネで自作。
フリーハンドで型を作りました。
c0199529_22533262.jpg
型を当てて下書きし、一文字ずつ塗りつぶしていきます。地道な作業ですが意外に簡単なのです。
c0199529_2254222.jpg
ココまでとてもいいカンジで仕上がりましたヨ。
c0199529_22542722.jpg
赤文字で書いた部分は型こそパソコンで出力しましたが、同じ要領でフリーハンドです。
c0199529_22544534.jpg
仕上げはしっかりとクリアーで。屋外に置くものなので防雨(鳥の防糞)対策は大切です。
c0199529_22551598.jpg
どうです? いいカンジでしょ~?
今は新品ピカピカ状態ですが、時間の経過と共に朽ち果ててくると、これまた雰囲気が出てくると期待しています。
c0199529_22554180.jpg
c0199529_22555392.jpg
費用的には約1,500円程度、後は自分の手間だけです。お金をケチったワケではありませんが、やはり自分で作り上げたものは愛着が違いますね。
これがD.I.Y.の魅力、一度味わってしまうと辞められません。さぁ次は何作ろうかなぁ。
[PR]

by CHANGPING | 2012-11-20 23:04 | D.I.Y. | Comments(0)

D.I.Y.で花壇

先日行った庭のリフォームには大満足しているのですが、考えが浅はかだったなと反省する点がないわけではありません。
例えば西側の目隠しとして植えているコニファーの足元。以前の名残を残す一角ですが、このコニファーに水撒きや大雨が降ると土が流れてしまい石が汚れてしまうのです。
c0199529_23203449.jpg
という事で早速D.I.Yで対応する事にしました。
近くのホームセンターで木材を購入し、採寸してカット。そしてステイン塗料で塗って組み立て。
c0199529_23212645.jpg
花壇というか枠として設置しました。水をたっぷりと溜めても溢れない完璧な仕上がり。
微調整なしでイッパツでドンピシャです。ん~大満足です。
c0199529_23214559.jpg
業者さんから頂いたソーラーライトを設置。
光量は少ないですが、雰囲気作りにはなかなか良いカンジですかね。
c0199529_23221028.jpg
簡単なD.I.Y.ですが、やはり自分で施すと充実度が違います。
D.I.Y.をやっていると、「これって業者に頼んだ方が結果的に安いし簡単じゃね?」と悩むときもありますが、そんな事よりこの感覚がやめられないのです!
[PR]

by CHANGPING | 2012-10-29 23:26 | D.I.Y. | Comments(0)

防草シート再び

以前にもこのブログで紹介した防草シート
その威力は決して大袈裟ではなく絶大で西側の草むしりから開放されました。

すると北側駐車場のちょっとしたスペース(厳密には我が家の土地ではありません)の草むしりも苦に感じます。実はココ、以前「固まる土」で対策を施したのですが、効き目は薄くこの通りです。よって、ここにも防草シートを施す事にしました。
c0199529_21535821.jpg
まずはキレイに草むしり、そして平らにならします。
c0199529_21542811.jpg
以前と同じ要領で防草シートを切り敷き詰めます。
c0199529_21543617.jpg
防草シートの上に敷く砂利は近くのホームセンターで10袋ほど購入。
(自分の見積もりでは7袋と読んだのですが、3袋足りず後から買い足しました。)
c0199529_2155465.jpg
ちょっと砂利がピカピカ状態ではありますが、すぐに色褪せて自然に馴染むでしょう。またもやいいカンジに仕上がりました。
c0199529_21551550.jpg
やっぱり効果は絶大で完全に草むしりから開放されましたよ。
雑草処理に悩んでいる方にはオススメです。
[PR]

by CHANGPING | 2012-10-25 00:01 | D.I.Y. | Comments(0)

防草シート

我が家の西側は唯一隣家との接点であるため、基本的にそんなに歩いたりはしません。
従って、油断するとこの通り雑草だらけになっています。
一応雑草対策として砂利は敷いているのですが、全く役には立っていないようですね。
c0199529_22151472.jpg
先日の庭のリフォーム時に余った防草シートを業者さんからタダで頂いたので、この西側に敷いてみる事にしました。
c0199529_22155346.jpg
雑草を抜いて、砂利を取り除き、そして砂や小さい小石は振るい落として防草シートを敷いてその上に砂利を敷きな直しての繰り返し・・・
c0199529_22155254.jpg
この繰り返しで完成の図がこれです。
c0199529_22163128.jpg
見た目はキレイに仕上がりました。あとは防草シートの威力がどんなもんか注目です。
一戸建てとは雑草との闘いである-
マイホームを持って約8年、身をもって感じている事です。

それにしても残暑厳しいこの暑さの中での作業はきつかった・・・
[PR]

by CHANGPING | 2012-08-26 21:30 | D.I.Y. | Comments(0)

ウッドフェンス内側の塗装

いやぁ~今日は暑かったですね!
この暑さにも関わらず、我が家はAMからウッドフェンスの内側の塗装に取りかかりました。
というのも、先日友人から借りた高圧洗浄機が楽しすぎて、ついウッドフェンスもやってみたら、この通り塗装が剥げてしまいました・・・恐るべしKARCHERの威力!!
c0199529_2252036.jpg
近くのホームセンターでステイン塗料を二缶購入して汚れや蜘蛛の巣取り除いてしっかりとマスキング。下準備は大切ですからね。
c0199529_22521760.jpg
筆で地道に塗り塗り。
ステイン塗料は木目に吸い込まれていくので染めていてキモチ良いのです~。
c0199529_22521130.jpg
AM11時からスタートし、とりあえず昼食で30分、そして3時のおやつにアイスクリームを食べました。とにかく暑いので汗が止めどなくなく流れてきます。脱水症状には要注意です。
c0199529_22522817.jpg
ひたすら塗り続け、17時少し前に完成~
どうです?なかなかの出来でしょ?自分で言うのもナンですが高級感が増した気がします。
(カメラのレンズに汚れが付いていて丸くぼんやりしている所があります。失礼しました。)
c0199529_22522397.jpg
これを業者さんに頼むと5万円かかります。これを高いと取るか安いと取るかは個人の価値観ですが、今回の塗料代は約4,000円に筆代150円。
自分でやれば工賃はタダ」学生時代にバイトで教わった教訓が今でも活きています。
[PR]

by CHANGPING | 2012-07-16 23:11 | D.I.Y. | Comments(3)

RYOBI 卓上切断機丸鋸 TS-225

GW突入前、またまた荷物が届きました。今回はちょっと大きめ。
c0199529_19442930.jpg
RYOBIの卓上切断機丸鋸TS-225です。メーカー希望小売価格は42,600円 (税別)もするプロ用ですが、ヤフオクで14,000円程度でGETできました。当然新品ですよ。
c0199529_19443483.jpg
ノコ刃傾斜カットやテーブルが回転するので斜めカットも自由自在。これでかなり微妙なカットも可能になります!
c0199529_19444027.jpg
早速ガレージに転がっていた角材を4等分にカットして正方形に組み立て。
c0199529_19444552.jpg
屋外使用なので一応油性のニスを塗って防雨対策。L字型金具も余っていたので補強。
c0199529_1944505.jpg
レンガの上に乗せ、その上にミニの未使用タイヤを置きました。
盗難防止にチェーン&南京錠でロック。
c0199529_19445564.jpg
カー用品量販店でタイヤカバーを購入し、被れば完成!
c0199529_1945218.jpg
ガレージの裏に流れている小川(と言えば聞こえがいいドブ川)は我が家のところから暗渠化するので、蓋の上を有効に使わせて頂きました。
これで狭いガレージ内もちょっと広々しました。
[PR]

by changping | 2011-05-08 19:57 | D.I.Y. | Comments(0)

オリジナル・ステップ

c0199529_0114387.jpg我が家のリビングからに降りるステップは、ご覧の通りブロックを積み重ねただけのものだった。
ワイフには催促されていたのだが、どうも気が乗らず今に至っていた。もう5年になるだろうか。

ウッドフェンステーブルベンチに塗装を施し、レンガを敷いたにあってどうもココだけがイマイチ。

という事で、作業開始!
近くのホームセンターで木材を調達。ペンキも購入して2,600円也。
当初の予定より、随分と安くあがりそうだ!


いつも通り、ガレージで音楽を聞きながら、ビールの飲みながら作業。
ハッキリ言って至福のヒトトキだ。
c0199529_012023.jpg
そして、約半日で完成。
仕事の速さにワイフもビックリしていたが、この位はお手のもの。
c0199529_0135057.jpg
既製品ではなく、D.I.Yの良いところは、デザインも自分で決められる事もあるが、ジャストフィットサイズでモノが造れるということ。究極のオーダーメイド。
高さもミリ単位でワイフのオーダーに応えられるのだ。
c0199529_0125851.jpg
でも。。。結構体力使うので疲れたりします。zzz
[PR]

by changping | 2008-10-13 19:06 | D.I.Y. | Comments(0)