DNA S.drive装着

先日購入し玄関に飾って(?)おいたDNA S.driveを、近くにある自動車用品量販店でようやく装着しました。
c0199529_025383.jpg
今までのピレリDRAGONは少し引張り気味だったのですが、S.driveはサイドウォールが立ち、角ばって見えるので大変自分好みです。
c0199529_025992.jpg
c0199529_0251833.jpg
思ったよりもタイヤノイズが少なく、乗り心地も飛躍的に改善されました。
エコタイヤと名乗るだけはありますね。毎回思いますが、たかがタイヤだけでも随分と車の性格が変わりますね。
c0199529_0252881.jpg
17インチのアルミホイールだと旧タイヤの処分代込みで1万円近くかかりました。
自分が大学生の頃バイトしてたSHOPでは6,000円でしたから、随分と物価が変わったという事でしょうか・・・
[PR]

by changping | 2010-05-30 00:37 | ガレージライフ(BMW MINI) | Comments(0)

重力ピエロ

伊坂幸太郎ファンの部下に勧められ 『重力ピエロ』 を観ました。
c0199529_21305924.jpg
面白かったです!
ほのぼのとしたアットホーム映画かな? などという先入観がありましたが、よく考えられた推理ものですね。思わず見入ってしまいました。
あまり熱弁を振るうとネタバレ注意なので予告編動画を張っておきます。



キャストも豪華で満足な1本です。
[PR]

by changping | 2010-05-25 21:36 | 最近観た映画・DVD | Comments(0)

iPhone 3GS(White)

旅行ネタもさすがに飽きてきたと思いますので通常ネタで。

先日うちのワイフがAUからSoftbankにMNPしてiPhone 3GS(White)にしました。
16Gモデルの、2年間使えば実質タダってやつです。
c0199529_23155326.jpg
自分は会社支給のiPhone(Black)を使用しており、その使い易さと便利さの虜になり、ワイフにも半ば強引に(?)勧めた次第です。
写真左から自分のiPhone、ワイフのiPhone、自分のiPod touch。
まるでアップルマニアのようですね。(白のiPhoneカッコイイな・・・)
c0199529_2316432.jpg
しかしiPhoneは本当に良い商品ですね。もう手放せません。今回自分がMNPしなかったのはもちろん夏に出るという新型iPhoneを狙っているからです。
おっとその前に噂のiPadが5/28に発売になりますね。現時点でそんなに欲しいとは思わないのですが、なんか買ってしまいそうな予感・・・

さて、ワイフの感想ですが、はじめ2、3日はその操作感に違和感があったものの、今ではすっかりハマッテます。インターネットに音楽に映画にと、iPhoneライフを満喫しているようです。こんなケースまでちゃっかり買っちゃって。
c0199529_23161366.jpg
自宅ではiPhone(またはiPod)をアンプに繋いで音楽を聴いています。
もうCDなどのメディアなんて不要な時代ですね。
c0199529_23162275.jpg
こうなると車のオーディオもiPhone/iPod対応にしたいところです
[PR]

by changping | 2010-05-23 23:30 | デジモノ | Comments(1)

マカオ・香港@帰国日

いよいよ香港ともお別れの朝。今日も良い天気、名残惜しいです。
c0199529_20345744.jpg
朝食の前にホテル周辺を散策。既に結構な人手でした。
c0199529_2035175.jpg
昨夜は暗くてよく見えなかったブルース・リーの銅像。
c0199529_2036345.jpg
そしてジャッキー・チェンの手形。郷土の2大ヒーローは流石にどちらも凄い人だかりでした。
c0199529_20362098.jpg
朝食をどこで取ろうかとウロウロしたのですが目ぼしい所が見つからず結局ホテルで。
c0199529_2037930.jpg
c0199529_20372635.jpg
c0199529_2038489.jpg
朝食を取ると、後は空港まで移動するのみです。
海外旅行の最終日は大体移動で取られてしまうのが勿体ないですね。

これにて 『マカオ・香港紀行』 も終了です。
雨季真っ只中だというのに大変天気に恵まれました。(日頃の行いでしょうか???)
c0199529_20373730.jpg
マカオも香港も大変エキサイティングで楽しい街です。日本が失ってしまった経済的なパワーを感じられ、治安も良いので自信を持ってオススメできるスポットです。
[PR]

by changping | 2010-05-16 20:46 | 旅行記(海外) | Comments(0)

マカオ・香港@ビクトリア湾ディナークルーズ

オープントップバスの後はビクトリア湾のディナークルーズ
ディナークルーズと言えば聞こえは豪華ですが、今回のマカオ・香港の旅行で唯一 「失敗した!」 と言えるでしょう。
c0199529_1759121.jpg
船内はこんなカンジです。キレイで清潔だし、食事もビュッフェスタイルで品揃えも味もまぁ悪くはないのですが・・・
c0199529_1759734.jpg
c0199529_17591253.jpg
c0199529_17591645.jpg
問題はこのアマチュアバンド。まぁとにかくウルサイ!
夜景観賞をしながらゆっくりと時が流れる趣きを期待していたのですが・・・たまに歌う日本の歌はもう歌詞がメチャクチャで思わず笑ってしまいました。雰囲気的にピアノの生演奏とかJAZZでしょう!? 早く終わってくれと願っていたのですが、最初から最後まで歌い続けて・・・もうホントに 「金返せ!」 と叫びたい位でした。
c0199529_1892557.jpg
それでも、船のデッキから観る100万$の夜景は素晴らしかったですね。
でもやはり船上なので長くデッキに出ていると寒くて寒くて。。。
c0199529_17592283.jpg
c0199529_17592795.jpg
c0199529_17593297.jpg
ディナークルーズにはちょっと憤慨してしまいましたが、ホテルの部屋に戻って夜景を観ながらまた一杯。このディナークルーズには当初ワイフは反対で、その反対を押し切って申し込んだのでちょっと反省です。
c0199529_17593765.jpg
翌日はいよいよ帰国です。
[PR]

by changping | 2010-05-15 18:22 | 旅行記(海外) | Comments(0)

マカオ・香港@オープントップバスと女人街散策

ちょっと恥ずかしいのかなぁと思いつつも 2階建てオープントップバス に乗りました。
c0199529_22104243.jpg
バスには一番最初に乗車したのですが、最前列に陣取るのは慌てモノのする事。
後ろから他の観光客を含め全体像を撮影したかったので最後尾をGETしました。
c0199529_22105713.jpg
c0199529_22483743.jpg

c0199529_22113538.jpg
初夏の風が心地よく、なかなかキモチいいですねぇ。
本当に看板がスレスレで、思わず昔読んだ 『こち亀』 を思い出してしまいました。
(両さんが "激痛" っていいう看板にぶつかってました)

日が暮れた頃、女人街(ロイヤンガイ)の散策。香港では細い路地裏にたくさんの店が並んでいるといった光景をよく目にしますが、
ここは香港でも特に有名なストリート。チープな雑貨や衣料品、アクセサリー等様々な商品を扱った露店が狭い通りにびっしりと並んでいます。この「女人街」、もともと女性ものの商品だけを扱っていたことからこの名前がついたそうです。
c0199529_22115229.jpg
c0199529_22121159.jpg
「こんなの売って大丈夫なのか?」と思うほどチープなバッタモノがたくさん・・・
賑やかで楽しい雰囲気である事は確かですが、欲しいもの皆無です。
c0199529_22122894.jpg
食べ物はちょっとグロく少しだけ興味をそそりますが、なかなか手を出す勇気がありません・・・
c0199529_22124035.jpg
大変刺激的でエキサイティングな、楽しいオープントップバスでした。結構オススメです。
[PR]

by changping | 2010-05-14 22:23 | 旅行記(海外) | Comments(0)

マカオ・香港@山頂纜車(ピークトラム)と100万$の夜景

吉野家で腹ごしらえした後は、ピークトラムで山頂を目指します。
c0199529_20425683.jpg
市内を一望する最も高いロケーションへと運んでくれる山頂纜車(ピークトラム)。
超激コミでかなり並びました。


開通は1888年と非常に歴史があり、もちろん当時は観光用ではなく山頂に住む欧米人用の乗り物だったとか。現在はそのほとんどが観光客でしたが、周辺住民の足としても活躍しているようでした。詳しくはこちらのサイトをぞうぞ。
c0199529_20443692.jpg

山頂からの風景です。あまりにも有名なスポットですね。
c0199529_20452329.jpg
これが夜になるとこうなります。
c0199529_20453514.jpg
c0199529_20454195.jpg
100万$の夜景とは良く言ったもので、本当に素晴らしいですね。
上海の夜景も素晴らしかったですが、やっぱり香港は凄い。この夜景は日本ではちょっと味わえないのではないでしょうか。
[PR]

by changping | 2010-05-13 20:48 | 旅行記(海外) | Comments(0)

マカオ・香港@香港島の路面電車トラム

油断していたら随分と間が空いてしまいました。
今更ではありますが自分の旅の記録として残しておきたいので、記憶を振り絞ってマカオ・香港旅行の続編リスタートです。前回更新分はこちら

九龍半島からスターフェリーに乗って対岸の香港島へ。スターフェリーは運航間隔4~5分、所要時間は約12分程度で大変利便性の高い連絡船です。
c0199529_22462432.jpg
c0199529_22463058.jpg
香港島はかなり都会的な雰囲気で、行き交う人も多くブランドShopが立ち並んでいます。
東京で言えば銀座みたいなものでしょうか。
c0199529_22472690.jpg
香港島へ来た目的の1つがこの路面電車トラム。
2階建てで今にも倒れそうな危なっかしいバランスです。
c0199529_2351435.jpg
コンパクトな構造故、階段はかなり急でちょっとキケンです・・・
c0199529_224846.jpg

観光客で溢れていましたが、運よく2階最前列の席に座れたので動画で撮ってみました。


この日のように天気が良い時はとても風がキモチ良くサイコーの乗り物ですね。

しばらく車窓を堪能していたら「吉野家」の看板を発見。
ちょうど日本食が恋しくなっていた自分達は急いで下車し吉野家へ向かいました!
c0199529_22535647.jpg
c0199529_2254153.jpg
物凄い人気でオーダーまで並び、席をGetするのにも一苦労。肝心の味は、やっぱり日本の方が美味しいに決まってますが、それなりに美味しいです。合格点だと思います。

Moreをクリックしてください。
[PR]

by changping | 2010-05-12 23:02 | 旅行記(海外) | Comments(0)

マカオ・香港@香港上陸~インターコンチネンタル香港

いよいよマカオとお別れの朝。
宿泊していたホテルリスボアで初めて朝食を食べました。
不夜天』 その名の通り24時間営業らしく、おおよそ朝食の雰囲気ではありません。
c0199529_22383548.jpg
いかにも中華。なかなか豪華な朝食ですが、ちょっとヘビーでしたかね・・・
c0199529_2239058.jpg
来た時と同様、ターボジェットで香港に向かいます。ホントに名残惜しいです。
東洋と西洋の文化が入り乱れる "シゲキ的" な街でした。
c0199529_22394324.jpg
そして香港に上陸。雨季だというのにピーカンで暑いくらい。晴れ男の本領発揮です。
c0199529_22404484.jpg
香港での宿泊先は 『インターコンチネンタル香港』 。
c0199529_2248434.jpg
せっかくだからとちょっとばかし追加料金を払いオーシャンビューの部屋指定しました。この通り絶景です。(プライバシー保護のためガラスにはフィルムが貼ってある関係上、曇りっぽく見えます。)
これは百万ドルの夜景が楽しみ!
c0199529_22412414.jpg
Moreをクリックしてください。

More
[PR]

by changping | 2010-05-11 22:49 | 旅行記(海外) | Comments(0)

マカオ・香港@ヴェネチアン - 義順牛螂カ公司 - 九如坊葡國餐廳

マカオ最終日(翌日は朝から香港へ移動)、この旅で唯一雨に降られた日でした。
しかし雨でも大丈夫、この日はウワサの超巨大リゾート施設 『ザ・ヴェネチアン・マカオ』 屋内で過ごす予定だからです。
ヴェネチアンはマカオ半島ではなく、タイパ島にあるのでアクセスが悪いのがネック。
c0199529_22433864.jpg
ショッピングモールもまさにベネチア仕様。
天井に再現された空は 「横浜ラーメン博物館っぽいなぁ」 というのが正直なところです。
c0199529_224402.jpg
ゴンドラに乗って施設内を移動。メルヘンチックなベニスの町が再現されています。
c0199529_22442353.jpg
ヴェネチアンのカジノはテーブルが700台、スロットをなんと6,000台も保有しており、他のホテルに比べてカジノスペースがオープンなせいか、実に健全でクリーンな感じがしました。
c0199529_22444490.jpg
巨大なショッピングモールをしばらくウロウロしましたが、特に欲しいものもなく(大体日本でも手に入る)飽きて来たのでマカオ半島に戻る事。
戻るのはやっぱりセナド広場です。ここは何かとマカオの中心であると実感します。
その一番目立つところにある牛のマークが目印の義順牛螂カ公司
c0199529_2245238.jpg
ワイフが 「これを食べずに帰れない」 とう牛乳プリンです。正直バカにしていましたが、ツルンとした食感が絶妙で凄く美味しかったです。
c0199529_22454270.jpg

マカオ最終日のディナーは自分がどうしても行きたかった九如坊葡國餐廳(プラタオ)へ。
c0199529_22462715.jpg
目的はこのポルトガル風 『ダックライス (Duck Rice)』 。アヒルをソーセージと炊き込んだ混ぜご飯なのですが、最高に美味しかった!
c0199529_22464723.jpg
これはなんという料理か失念しましたが、多くのカニ料理がそうであるように
見た目ほど食べるところが少なく、手が汚れて面倒なものです。
c0199529_2247647.jpg
すっかりマカオに魅せられ、離れがたいというのが正直な気持ちです。あと1週間くらいいてもいいですね。思ったより日本語は通じませんでしたが、お互いカタコトの英語でなんとかコミュニケーションは取れます。
治安もいいし、食べものも美味しい。自信を持ってオススメできるところです。

マカオ最終日の夜もこれにて終了。次回は香港編スタートです。
[PR]

by changping | 2010-05-10 22:56 | 旅行記(海外) | Comments(0)