メキシコの田舎町。

c0199529_222545100.jpg
※写真はイメージです。

ネットで話題になったようなのでご存知の方も多いと思います 『メキシコの田舎町』 のお話。以下他サイトからのコピペです。

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
と尋ねた。 すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」



『お金ってなんだろう』と、ちょっと考えさせられてしまいますね。
でも自分は、のんびり過ごしたいとは全然思いません。時々辛い時もありますが、仕事に追われ、時間に追われ、いっぱいいっぱいになっている位が丁度良いカンジです。その代償として、サラリーはたっぷりと欲しいです。お金は現代を生き抜く為のツールと思っていますから。
(決して仕事が好きな訳ではなく、ただ暇が嫌いなだけです。)
そう言えば、会社では 『究極のM』 と呼ばれていた時代もありました・・・

まぁ、メキシコと言えば自分的にはルチャ・リブレなのですが。
一度でいいから本場で観てみたい!
c0199529_22292776.jpg

[PR]

by CHANGPING | 2011-08-30 22:30 | 私生活(日記) | Comments(0)

リビングのワックスがけ

先日の夏休み、あまりに暇でリビングのワックスを数年ぶりにかけました。
年単位でワックスをかけなかったのは怠慢ではなく、今は亡き愛犬(実家の白柴)がつけた爪跡が消えてしまうのが寂しいという、アラフォー男にしてはなんともセンチメンタルな理由だったわけであります。しかしその爪跡も経年によってほとんど見えなくなり、床も輝きがなくなってきたので断行しました。
c0199529_21561089.jpg
どうです? ピッカピカになりました。
忘れてましたがワックスって結構効果あります。クルマばかりでなく、家のワックスもマメにかけないとダメなもんですね。大変でしたが結構楽しめました。
[PR]

by CHANGPING | 2011-08-28 22:08 | 私生活(日記) | Comments(0)

刺身定食

最近よく鎌倉へ行きます。と言っても残念ながら観光ではなく仕事です。
大体午後からのアポとなるので、乗り換え駅のJR大船駅近辺で昼食をとるのですが、自分は決まってココ 『観音食堂』 に行きます。
c0199529_2121220.jpg
ファーストフードやファミレスではやっぱり味気ないですからねぇ。
地元の海の幸が食べれる定食屋さんがイチバンです。隣の魚屋直営とあってネタは間違いなく新鮮です。
c0199529_2121892.jpg
一見950円という設定はちょっと高く、そしてやや小振りな気がしないでもないですが美味しいので納得です。
c0199529_21211348.jpg
c0199529_21211867.jpg
何が嬉しいって、嫌煙派の自分にとっては禁煙であるって相当ポイント高いです。
[PR]

by CHANGPING | 2011-08-26 21:35 | 今日のご馳走 | Comments(0)

シャンハイ

自宅にホームシアターを設置してから、めっきり映画館へ足を運ぶ機会はありませんでしたが、どうしても見たいという衝動を抑える事ができず 『シャンハイ』 を観て来ました。


当時の上海を再現したセットはお見事。渡辺謙を筆頭に俳優陣もなかなかのキャスト、時代背景も申し分ないテーマでしたが・・・良く解りませんでした。
何を言いたいのか、何を訴えかけているのか?です。
時間とお金の無駄だったかなぁ。でも、久々の映画館はやっぱり良い雰囲気ですね。
ホームシアターにはない独特の空気がたまりません。
今後はもっと映画館に足を運ぼうと思います。
[PR]

by CHANGPING | 2011-08-25 20:42 | 最近観た映画・DVD | Comments(0)

伊勢神宮(内宮編)

外宮から天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)の内宮へ移動です。
伊勢神宮と言えば真っ先に思い浮かべるのがここ 宇治橋 ではないでしょうか。日常の世界から神聖な世界へのかけ橋と言われているそうです。
c0199529_19412222.jpg
さすが内宮、観光バスも引っ切り無しに到着し、まだAMだと言うのに凄い人手でした。
宇治橋を渡ってしばらく歩くと五十鈴川のほとりに着きます。
正式なお参り方法かは分かりませんが、五十鈴川の澄んだ水でお清め(沐浴)?です。
c0199529_19413112.jpg
さすが江戸時代人気No.1観光地だっただけあります。老いも若きもみんな笑顔で記念撮影。
c0199529_19414196.jpg
c0199529_19415014.jpg
敷地内にはお参りする場所が沢山あり、その都度 二礼二拍手一礼 を繰り返すので、いい加減飽きてしまい 『もう頭下げたくない』 などと子供みたいな事をワイフに言ってしまいました。
神様申し訳ありませんでした・・・お陰様で心が洗われました。

さぁお堅いお参りはこのくらいにして、ここからが(自分的には)本番 おかげ横丁 巡りです!内宮のすぐ隣に約2700坪という広大な敷地内には、江戸から明治にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築・再現され、この地方の魅力が凝縮されており、三重の老舗の味、名産品、歴史、風習、人情まで、一度に体感できます。
c0199529_19415749.jpg
朝から何も食べていないのでまずは腹ごしらえ。と言っても本格的な食事は満腹になってしまうので、ちょっとしたモノを少しづつ。あまりにも有名な 伊勢名物の赤福 ・・・甘いものは得意じゃないのですが凄く美味しかった!
c0199529_1942513.jpg
まるで映画のセットのような建物、タイムスリップしてしまったかのようです。いいなぁ、こういう江戸・明治・大正・昭和初期と言った雰囲気に凄く弱いんです。
c0199529_19421629.jpg
c0199529_1942256.jpg
犬のおかげ参り』のお話です。世知辛い現代とは違い、ほのぼのとしていいハナシですね。うちはおかげ犬と同じく白い犬を飼っていたので感慨深いです。このお店で実家の両親に おかげ犬ストラップ を買いました。
c0199529_19423379.jpg
c0199529_19424810.jpg
毎回申し訳ありませんが解説できる程詳しくないので、内宮についての詳細は こちらこちら を参照して下さい。
外宮も内宮も良いですが、何と言ってもおかげ横丁がオススメです。

Moreをクリックしてください
[PR]

by CHANGPING | 2011-08-20 20:20 | 旅行記(国内) | Comments(2)

伊勢神宮(外宮編)

ほんの少し早起きして伊勢神宮の外宮へ。正式には豊受大神宮と言うらしいです。
外宮はJR伊勢市駅から徒歩で10分くらいのところだったかな。小春日和のポカポカ陽気で気持ちの良い朝でした。
c0199529_187076.jpg
恥ずかしながらこの日まで、伊勢神宮とは "外宮" と "内宮" の二箇所から成るという事を知りませんでした・・・うちのワイフが言うには、外宮を参りしてから内宮に行くのが一般的らしいです。(ホントかなぁ???)
c0199529_1893855.jpg
c0199529_18101338.jpg
外宮内を散策していると、このような光景に遭遇しました。
c0199529_18111549.jpg
c0199529_18112656.jpg
なるほど、ここはやはり普通の場所ではなく、厳かなスポットなのですね。

すみません、解説できる程詳しくないので、外宮についての詳細は こちらこちら を参照して下さい。ただこんな自分でも、パワースポットと言われる所以が何となく分かった気がしました。清い空気が流れている...というのが実感できます。

次回は伊勢神宮観光の本番、内宮編を紹介します。

Moreをクリックしてください
[PR]

by CHANGPING | 2011-08-19 18:18 | 旅行記(国内) | Comments(0)

伊勢神宮(前日移動編)

最近、伊勢神宮関連TV番組を良く目にします。
そして昨日、友人が遊びに来て 『伊勢神宮に行ったことある?』 と聞かれました。
20年に一度の改修工事とのことで、ちょっとしたブームなのかな?
我が家は浜松赴任中の昨年行った事があるのでその模様を紹介します。

浜松でとか餃子を堪能した後、三重まで移動したので到着したのは夕暮れでした。
ここはJR伊勢市駅の隣の五十鈴ヶ丘(いすゞがおか)という無人駅です。
c0199529_2026529.jpg
というのは、意外にも伊勢神宮近辺にはホテルは一切なく、ワイフがやっと見つけたのがこの ビジネスホテル羽根伊勢インター
c0199529_20273123.jpg
快適という程のホテルではありませんでしたが、とにかく安かった記憶があります。夕食はホテル向かいにあった 問屋料理 川岸 に行きました。
c0199529_2028820.jpg
というかココしかないというのが正直なところなのですが、ホテルの人はあまりオススメしないという忠告を受けながらも行ってみました。

ネットでは確かにあまり評判は良くないようでしたが、テーブル上のロースターで焼いて食べる海鮮料理はとても美味しく、結構良かったように思います。〆の鯛茶漬けが絶品でした。十分満足できるレベルなのに、どうしてオススメできないのかが不思議です・・・
c0199529_20294295.jpg
c0199529_2029521.jpg
こんなカンジで初日は移動だけでした。
次回は 伊勢神宮 外宮編 を紹介します。
[PR]

by CHANGPING | 2011-08-18 20:35 | 旅行記(国内) | Comments(0)

アンストッパブル

2001年5月にオハイオ州で発生した貨物列車暴走事故をもとに制作されたというアンストッパブルを観ました。
c0199529_141815.jpg
実話がベースという事もあり、派手なアクションなどは少ないですが、それ故に説得力があります。ハッピーエンドで終わるのがいかにもアメリカらしい映画で良いと思います。



苦戦が続くハリウッド映画ですが、久しぶりに面白い洋画に出会えた気がします。
[PR]

by changping | 2011-08-16 14:23 | 最近観た映画・DVD | Comments(0)

チャンピオンカレー

先日の金沢出張でお土産として買ってきたチャンピオンカレー
通称チャンカレ。金沢のソウルフードと言っても過言ではないほどの人気ぶりで、どこのお土産屋さんでも大々的に販売していました。
c0199529_15535475.jpg
所詮レトルトとあまり期待せずに食べたら、なるほどコクがあってなかなかイケます。レトルトとしては及第点ですね。レトルトでこのレベルなら本場で食べるカレーには期待できます。
食べればよかった・・・
c0199529_1554020.jpg
夏バテ防止にはピリッと辛いカレーがイチバンです。
[PR]

by changping | 2011-08-14 16:00 | 今日のご馳走 | Comments(0)

TOYOTA カローラ レビン(AE92)納車!?

自分が学生時代に乗っていた "TOYOTA カローラ レビン" が1/43スケールのミニカー化されていると知り、ネットで探しまくって値段も確認せずに "ポチっ" とオーダーしてしまいました。そして無事納車になりました。
c0199529_20465017.jpg
全体像です。どうです? と言ってもアラフォー世代にしか解からないとは思いますが・・・
かなり雰囲気出ていますねぇ。ただひとつ残念なのはドアノブが同色でない事。
前期型は確かに黒だったと思いますが、後期型からはボディ同色なのです。
c0199529_20465511.jpg
フロントビューです。ちょっとライトが細いですねかね。もうちょっと頑張って欲しかったような気がします。バンパーのウィンカーのあたりはかなり良い感じです。
c0199529_2047054.jpg
リアビューです。これはもう完璧です。
リアスポイラーのLEDストップランプまでよく再現されています。
c0199529_2047668.jpg
サイドビューです。これも良い感じですね。
やっぱりどうしてもフロントの厚みが弱い気がします。
c0199529_20471171.jpg
内装も良く再現されていますね。
当時は主流だったマニュアルシフトレバーも懐かしさ全開です。
c0199529_20471510.jpg
当時カーステレオから良く流した音楽を聴き、カタログとミニカーを眺めながらの一杯は格別です。一瞬で当時へタイムスリップしますね。少し高めの値段設定だと思いましたが、ある意味 "タイムマシーン" なので納得。

ミニソアラ」などと揶揄されたレビンですが、本当に良い車でした。新車で買って4年間で6万キロ強。(本音を言えば、サンルーフ付きのスーパーチャージャーGT-Zが欲しかった・・・)
c0199529_20472148.jpg
お金も凄くかけたなぁ。いつでもどこでも一緒だった良き相棒。社外品のリップスポイラーは装着したその日に破損しました。もらい事故もありました。嗚呼、涙が出るくらい懐かしい。
もしそのままのスタイルで再販されたら、間違いなく買いますね。

当時を偲ばせる、80年代後半~90年代初頭に販売されたイルミネーション付きスピーカーの動画を見つけました。懐かしい。


当時はバブル絶頂期という事もあり、世の中が明るく光り輝いていました。
間違いなく世間は息づいていたし、将来は明るいものとしか思えませんでした。
それは決して自分が若かったせいばかりではない様に思えます。
[PR]

by changping | 2011-08-07 21:00 | 最近買ったモノ | Comments(0)