大阪球場メモリアルプレート(なんばパークス)

大阪繁華街の中心地「なんば」。
南海鉄道の駅はレトロな雰囲気ですが、威風堂々とした建物でいつ見ても圧巻です。
c0199529_12563611.jpg
かつてこの駅に隣接して南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の本拠地、大阪スタヂアム(通称大阪球場、または難波球場)があったとはとても想像できません。
c0199529_13244441.jpg
調べてみると、1998年まで使用され、その後住宅展示場として迷走(?)した後、取り壊しとなりました。
c0199529_13244845.jpg
現在は大型複合施設「なんばパークス」が建っています。
なんとなく、線路に沿ったカーブのラインがその面影でしょうか?
c0199529_13245282.jpg
その「なんばパークス」に当時を偲ぶものがあるというので早速行ってみました。
その中はかなり複雑... さすがの僕も少し迷いました。
c0199529_12564030.jpg
あーこれです! 大阪球場メモリアルプレート!!
ここが大阪球場の跡地だと示すものとして、ピッチャープレートとホームベースのオブジェがコンコースの床に埋め込まれているんです。
c0199529_12564363.jpg
う〜む、この場所にホームベースがあったのか。という事はココにあのノムさんが座って構えていたのか。と思うとなんとも感慨深い。
c0199529_12564681.jpg
c0199529_12564944.jpg
そしてもちろんピッチャープレート
c0199529_12565330.jpg
c0199529_12565567.jpg
その風景は随分と変わってしまいましたが、かつての痕跡を残すってなかなか粋な事をしますね。南海ホークスや大阪球場がいかに大阪市民に愛されていたかよく分かります。
c0199529_12565872.jpg
なんば駅前にもどると、きよし師匠が該当演説をしていました。TVで観ていても小さいと思っていましたが、実際にはもっと小さいのですね。でも、良いスーツを着ているのはよく分かりました。
c0199529_12570239.jpg

[PR]

by CHANGPING | 2018-11-08 21:30 | 浪速ブラブラ | Comments(0)