東武鉄道 SL大樹② 下今市駅〜鬼怒川温泉駅乗車

いよいよSL大樹へ乗車します。
独特の香り、強烈な汽笛音、蒸気サウンドと共に入線です。



現在はLEDによるデジタル表示とりましたが、アナログの方向幕は味があって良いですね。
c0199529_11255665.jpg
14系客車は初めての乗車です。4人掛けのボックスシートではなくて2人掛けってところがいいですね。車内の雰囲気は国鉄時代の特急車両に似ています。近頃は違いが解るオンナに成長したと一目置いていたうちのワイフが「車内はフツーじゃん...」と爆弾発言。この手の客車車両の良さが未だ理解できないとはガッカリでした。
c0199529_11255962.jpg
c0199529_11260328.jpg
鉄道旅と言えば駅弁。
駅弁は満腹を満たすというよりも、より旅情を掻き立てるアイテムとして大変重要であると考えます。
c0199529_11261093.jpg
日光埋蔵金弁当」なるほど、付属のスコップで徳川埋蔵金を掘るという事か。ナイスアイディアですね。
c0199529_11261399.jpg
鬼怒川温泉駅では運転台を見る事ができました。
c0199529_11261770.jpg
確かにこれは生き物だなぁ。運転士さんは汗だくで大変そうでした。
c0199529_11262274.jpg




鬼怒川温泉駅前広場。転車台が設けられリニューアルされています。
c0199529_11263023.jpg



最後に "縁の下の力持ち" DLことDE10を紹介しておきます。非力のSLを最後尾からバックアップする重要な役割なのに人気がなく可哀想です。昭和46年製だというDE10も頑張っているのですよ!
c0199529_11263520.jpg
SL大樹の旅、大変楽しめました。下今市駅〜鬼怒川温泉駅までの30分という乗車時間はレジャーとしてちょうど良い。新幹線のスピードに慣れた現代人、SLでの長時間移動は無理だなと感じた次第です。
地元沿線も大変盛り上がっていて大変よい街起こしだと思います。


[PR]

by CHANGPING | 2018-05-12 09:44 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

東武鉄道 SL大樹① 下今市駅転車台

GW前のとある休日、バッテリー交換により調子が上がった愛車E46で駆け抜けたくて少しだけ遠出。以前より気になっていた "東武鉄道 SL大樹" に乗りに行きました。
いや、正確に言いますと本来は見学に来たのですが、空席があるという事だったので急遽乗車する事にした次第です。ラッキーでした。
c0199529_11130480.jpg
昭和10年代をイメージしてリニューアルしたという下今市駅舎は雰囲気たっぷりで、そのチカラの入れようが伺えます。側で観察していると、チケットの購入層は子供よりもミドル(?)夫婦が多い様でした。
c0199529_11130890.jpg
駅舎内に入り、SL展示館は流す様に眺めてその先にある転車台へと急ぎます。
c0199529_11131233.jpg
いいですねー。その仕掛けがどうなっているのかと考えながら眺めると時間があっという間に過ぎ去ります。
c0199529_11131700.jpg
そうこうしているうちに上りのSL大樹が入線してきました。SLは独特の香りがたまらないですね。
近代的なスペーシアとのツーショットです。


一旦退避線へと入り、機関車を切り離してから転車台へと入ってきました。
小型のC11とは言えやっぱりSL、迫力ありますねー。ちなみにこの日は「東武ワールドスクエア開園25周年記念」のヘッドマークでの運転... う〜む 、個人的にはノーマルの大樹ヘッドマークの方が好みだなぁ。



そして次発の出発時間まで整備を行うためか、一旦機関庫へと入っていきました。
c0199529_11132284.jpg
c0199529_11132644.jpg
転車台を満喫した後は、乗車に備えて「日光埋蔵金弁当」をGET!
c0199529_11133086.jpg
新型特急リバティと機関庫から出て来たSL大樹との遭遇、時の移ろいを感じさせるシーンです。



さぁいよいよ乗車となります。鬼怒川温泉駅まで約30分の小旅行ですが、楽しみです。
c0199529_11133464.jpg
次回「乗車編」へと続く。


[PR]

by CHANGPING | 2018-05-06 14:12 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

185系「踊り子」号

この185系が登場した時は「これが特急車両なのか!?」と目を疑いました。
あまりにもチープ。世間でもあまり評判は良くない様です。でも「踊り子」号というとこの車両のイメージがありますね。でもなぁ、せっかくお金と時間をかけてリゾート地へと向かうには、あまりにも寂しい気がします。
c0199529_1552497.jpg
c0199529_155268.jpg
c0199529_1552955.jpg

[PR]

by CHANGPING | 2017-02-11 21:46 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

上野東京ライン

上野東京ラインが開通して久しいですが、本来であれば同じ駅に停車するハズのない車両が並ぶとビックリしますね。こんな光景も上野東京ラインの恩恵でしょうか。
c0199529_154932.jpg
スーパービュー踊り子号」乗りたいなぁ。いちばん前の席に乗って伊豆の温泉でゆっくりと過ごしてみたいものです。
c0199529_1549654.jpg

[PR]

by CHANGPING | 2017-01-29 17:37 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

房総特急「わかしお」

海浜幕張でお仕事です。
当然京葉線で移動するワケですが、通勤型電車ではなく在来線特急に乗りたいなぁと思い、房総特急「わかしお」に乗りました。
c0199529_14443285.jpg
車両側面のこのマーク、20世紀少年の「トモダチ」のマークか?と思いましたが、房総(boso)の "b" なんですね。
c0199529_14443589.jpg
それにしても特急車両のシートは快適ですね。仕事とは言え、こうしてゆっくりのんびり移動するのもいいものです。
c0199529_14443919.jpg
c0199529_1444408.jpg
夢の国を通過して到着したのは海浜幕張、千葉ロッテマリーンズの本拠地です。
c0199529_14444262.jpg
シーズンオフですのでプロ野球ファンにはちょっと寂しいですが、こういうプロ野球のある街の雰囲気だけでもいいものです。
[PR]

by CHANGPING | 2016-12-03 18:59 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

おやすみ「北斗星」

先日引退した最後のブルートレイン「北斗星」の解体が始まったという報道を目にしました。
c0199529_22463554.jpg
少年時代、あれほど憧れたブルーの車体と食堂車の赤いランプ、もう見れないと思うと目頭が熱くなります。ワイフと乗ったっけなぁ。当時でも、思いのほか車体の痛みが進んでるなぁという印象を受けたので無理もないのですが、あの哀愁漂う雰囲気は夜行列車ならでは。新幹線にはない味なんですけどね...残念です。



PC内を探してみると、昔の写真がありました。どうやら2000年のGWだった様です。行きはカシオペア、帰りが北斗星という今思うとなんとも贅沢な旅でした。
c0199529_2255223.jpg
携帯はDoCoMoのムーバですね。確かPシリーズだったと思います。ビールのラベルデザインとかG-SHOCKとかも懐かしい、漫画「こち亀」ってのも笑えます。
c0199529_2255436.jpg
速く便利になっていくのもいいのですが、その対価として旅情が減っていっている気がします。返す返す残念でなりません。
おやすみ、北斗星。
[PR]

by CHANGPING | 2015-09-15 22:58 | 夜汽車への誘い | Comments(2)

寝台特急「北斗星」「トワイライトエクスプレス」ラストラン

僕は "鉄" という程マニアではありませんが "ブルートレインブーム" 世代ですので、遂にこの日が来てしまったかという感じです。
寝台列車のビック3のうち、伝統のある2列車が廃止となってしまいました。僕は北斗星には "夢空間" も含めて何回か乗りました。トワイライトエクスプレスには残念ながら乗った事はありません。(大阪駅で見た事はあります。)
c0199529_13394547.jpg
c0199529_13395339.jpg
カラーは違えど基本同系列車、その老朽化を実際目の当たりにしているので、この度の廃止はやむを得ないかとも思います。豪華寝台特急を名乗るには厳しくなってきた感は否めないでしょう。
北陸新幹線、北海道新幹線など全国に新幹線網が張り巡らせられ、時間を金で買う時代ではありますが、やはり夜行列車や寝台列車という響きに、そしてブルートレインという愛称にはロマンや哀愁が漂いますよね。今後は「ななつ星」の様なリゾートトレイン・超豪華寝台列車へと進化して復活するのでしょうけれど、お気軽感は薄れるんだろうなぁ。
カシオペア廃止も時間の問題かと思うので、もう1回乗っておこうかな。

「北斗星」札幌行きラストラン(上野駅)


「トワイライトエクスプレス」札幌行きラストラン(大阪駅)

[PR]

by CHANGPING | 2015-03-15 17:30 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

東京駅開業100周年記念Suica

本当に欲しかったのか?と聞かれると答えに詰まりますが、世間を騒がせた「東京駅開業100周年記念Suica」に申し込みました。しかも制限いっぱいの3枚も...
c0199529_11532824.jpg
手元に届くまで約1年という噂もあり、忘れた頃に届くのでしょうね。
あの騒動が却って売り上げに繋がるとはワカラナイものです。初めからJRの狙い通りだったりして。

<JR東日本公式サイトより>
「東京駅開業100周年記念Suica」につきましては、多くのお客さまにお申込みをいただき、ご希望総枚数が2014年度内の発送可能予定数(約10万枚)を上回る約499.1万枚となりました。今後、みなさまにご購入いただけるよう増刷に努めてまいりますが、多くのお客さまには商品の発送にお時間をいただくことをお詫び申し上げます。


[PR]

by CHANGPING | 2015-02-21 11:59 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

ブルートレイン全面廃止!?

久々に魂を揺さぶられる大事件、バットニュースに落胆してしまいました。
青い塗装の寝台特急「ブルートレイン」が、2015年度末までに全面廃止される方向で検討されているとの事です。その理由は改めて説明を受けずともおおよその察しはつきますが、遂にその時が来るかという感じです。上野駅13番線ホームのこの様な光景はもう観られなくなるのか。。。
c0199529_20252785.jpg



少年時代にブルートレインブームを味わった世代としてはなんとも寂しい限りです。嘘であって欲しいです。
c0199529_2028488.jpg
c0199529_202903.jpg
c0199529_20291989.jpg
c0199529_20291276.jpg
特に北斗星は移動手段、交通手段を超えてひとつのイベントであるという事は間違いないので、JRには再検討して頂きたいと切に願います。自分の様に熱烈な鉄道マニアではない人間ですらそう思うのですから、多くの人がそう思っていると思います。しかし本当に廃止になるのであれば、やはりもう一度乗りに行かなくてはいけないよなぁ。


ーーー 以下、ネット上の記事です −−−
JR東日本、西日本、北海道が、青い塗装の寝台特急「ブルートレイン」を2015年度末までに廃止する方向で検討していると、スポーツニッポンが報じ、ネット上の鉄道ファンから惜しむ声が寄せられている。
記事によると、現在運行中の「あけぼの」(上野―青森間)は2014年3月に廃止、また「北斗星」(上野―札幌間)も、北海道新幹線が開通する2015年度末に廃止となる見通しだという。
また、毎日新聞によるとブルートレインだけでなく、客車を使った寝台特急の「カシオペア」(上野―札幌間)、「トワイライトエクスプレス」(大阪―札幌間)も2015年度末までに廃止される方向で検討されているとのことだ。
1970年代後半から80年代前半にブームとなるなど、一時代を築いたブルートレインの廃止に、2ちゃんねるの「鉄道路線・車両板」には鉄道ファンから残念がる声が寄せられている。「ブルートレイン2015年廃止へ…JR3社」というスレッドをみると、

「明かりのついた家々をブルトレの窓から見る…もう出来なくなるのか。
そんなん、ナンボでも見られるがな…って思ってるそこのアナタ、 一般の電車とは違う風情があるのよ」「ただ、残念。とにかく残念。社会人になってできたるだけ、過疎化のローカルや、ブルートレイン利用したが、焼石に水にもならず…」「トワイライト廃止の前にスウィート乗らなければ」「金ないけどカシオペアとトワイライトは一度乗ってみたい」
(すべて原文ママ)

などと、寂しく思うとともに、廃止になる前に乗っておきたいという意見が多かった。また、廃止の要因については、「いまは高速道路網、新幹線網は拡がり、格安航空もあり 格安ビジネスホテルもある。 30年前、40年前とは世の中が大きく変わったなかで 夜行列車はコスパで勝てなくてなって淘汰された」
「寝台列車が移動手段として活用されてたのは 所得が増えてきてもまだ他の代替手段が少なかった昭和40年代~50年代前半までだろう。それ以前は高すぎて庶民は使ってないし50年代中盤以降は航空機・新幹線・高速バスの時代になって衰退の一途」など、料金の高さや、そのほかの移動手段が増えた影響が大きかったのではないかとの意見も。

ちなみに、「北斗星」(上野―札幌間)の料金は、大人1人2万7170円~3万8050円(寝台料金、特急料金、運賃の合計)で、食事代は別となっている。たしかに、移動手段としては少々高価であり、気軽に利用できるような存在とはいいがたい現実もあるようだ。
[PR]

by changping | 2013-11-20 19:00 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

トワイライトエクスプレス

先日、出張先での仕事を終えて帰路に着いた際、あまりの暑さに大阪駅のホームでドリンクを飲んでボケっとしていたらトワイライトエクスプレスが入線してきました。遥か札幌から大阪までの長旅に思いを馳せると感慨深いものがあります。
c0199529_2372774.jpg
c0199529_2373379.jpg
深い緑色がなんともシブく、なんか特別感を醸し出していますね。
c0199529_2392811.jpg
c0199529_2393521.jpg
今でもプラチナチケットである事に変わりはありませんが、経年劣化で流石に古さというか痛みは隠せませんね。九州一周(七つ星だっけ?)とか豪華寝台列車がまた流行りつつある昨今、新造しないのかな。でも、北海道新幹線や北陸新幹線が開通したら、カシオペア北斗星は間違いなく廃止の運命になるんだろうなぁ。
[PR]

by changping | 2013-08-16 00:01 | 夜汽車への誘い | Comments(2)