カテゴリ:旅行記(国内)( 94 )

浜金谷(千葉県富津市金谷)

海岸線の美しい景色を眺めながら東京から107kmの地、浜金谷駅へと降り立ちました。
c0199529_14164111.jpg
地図でみるとこんな場所、東京湾を挟んで向かい側は三崎マグロで有名な三浦半島です。その風景のせいか、横須賀よりも随分と遠くへ来たって感じがします。
c0199529_14164634.jpg
浜金谷駅の跨線橋から望む風景です。実にのどかですね。



レトロな駅舎。ドラマとかジブリ映画に出てきそうな雰囲気です。
c0199529_14164957.jpg
あーここかぁ。そういえば鋸山ってTVで観た事ある。ちょっと興味あるなぁ。
c0199529_14165506.jpg
待ち合わせ時間までちょっと時間があったので海岸まで足を延ばして散歩してみました。
絵になる港町ですねー。
c0199529_14170527.jpg
こうして潮風にあたると心が洗われる気がします。やっぱり海っていいな。
内陸生まれだからか海への憧れが半端ないっす。テンション上がりまくりです。



シブイなぁ。こうした余生を送りたいと思ってしまいます。(僕の場合、2日で飽きそうだけど...)
c0199529_14171182.jpg
c0199529_14171575.jpg
お土産を買いたいところですが、電車で持ち帰るのは大変そうなので断念。
c0199529_14172317.jpg
散歩中の柴犬に遭遇しました。
「こんにちはー」
「かわいいなぁ。女の子ですか?」
「そう、女の子」
「やっぱり女の子は大人しくていいですね。うちは男の子だったからパワフルで大変でした。」
「いやぁそうでもないよ。相性悪い人には吠えまくるから」
ということは僕は気に入ってもらえたのかな? アゴのしたとか頭を撫でさせてもらいました。この感覚懐かしい〜。癒される〜。
c0199529_14172741.jpg
かつての愛犬と同じ名前の「さすけ食堂」。シニア層になかなか人気がある様です。
(一説には「孤独のグルメ」に登場した店との噂もありましたが、どうやらそれは別店の様です。詳しくはこちら。)
c0199529_14173405.jpg
裏道の方には何やら不思議な光景がたくさんありました。鳥居と参道、ちょっとズレてるよね?
c0199529_14174238.jpg
「テンゴク堂」とはネーミングのセンスが怪しげですね。店内はほぼ何もありませんでしたが開店している...
c0199529_14174610.jpg
少しの時間しかありませんでしたが、なかなか魅惑のスポットで興味が湧きました。
もっと時間のある時にゆっくりと散策してみたいところです。
あ、申し遅れましたが、浜金谷を訪れたのは観光でも仕事でもなく研修です。

[PR]

by CHANGPING | 2018-12-14 18:29 | 旅行記(国内) | Comments(0)

真言宗総本山 東寺〔教王護国寺〕

ホテルの窓から撮った京都の朝焼けです。
c0199529_14014534.jpg
今回はいつものアパホテルではなく、八条口の「京都プラザホテル」に宿泊しました。
見下ろせば近鉄の東寺駅。そしてその先には東寺の五重塔を望む事ができます。ややレトロ感というか昭和感が漂うホテルでしたが、なかなかのロケーションです。
c0199529_14014950.jpg
せっかくなので陽の高い時間に東寺へ行ってみました。境内には入りましたが時間的な問題で五重塔見学は諦め、遠くから見ただけです。京都出身の島田紳助イチオシ観光地の東寺。今度は仕事ではなくプライベートでゆっくりと散策してみたいものです。
以下に写真を数枚載せておきます。
c0199529_14015340.jpg
c0199529_14015741.jpg
c0199529_14020007.jpg
c0199529_14020303.jpg
c0199529_14020780.jpg
c0199529_14021067.jpg
c0199529_14021334.jpg
c0199529_14021778.jpg

[PR]

by CHANGPING | 2018-11-17 18:45 | 旅行記(国内) | Comments(0)

山形ツアー2018 ②白布温泉「中屋別館不堂閣」のオリンピック風呂(山形県米沢市)

ラーメンを堪能した後は、やはり温泉でしょう。という事で白布温泉へと向かいました。
だんだんと山深くなっていく道中、5月も半ば過ぎというのに桜が咲いていましたよ。
c0199529_22462086.jpg
訪れたのは「中屋別館不道閣」さん。
その渋佇まいとは裏腹に、オリンピック風呂というダイナミックな温泉があるというから楽しみです。
c0199529_22465789.jpg
c0199529_22470612.jpg
c0199529_22471198.jpg
囲炉裏がありました。ここで夜な夜なしっぽりと銘酒を飲んだらさぞ美味しい事でしょうね。
c0199529_22471691.jpg
建物内は大正ロマンや昭和初期を思わせる重厚なつくりや装飾が見事です。
c0199529_22521152.jpg
建物の奥まで進み、さぁいよいよ入浴です。
c0199529_22472187.jpg
まずは露天風呂から。
c0199529_22472587.jpg
おー! これは清々しくて良いですねー。(入浴者の許可を得て撮影しています。)
眼下には最上川源流が流れております。まだ溶けきっていない雪の塊も見えました。
c0199529_22472937.jpg
露天風呂を堪能した後は、お待ちかねのオリンピック風呂へ。
c0199529_22473445.jpg
なるほど、オリンピック風呂という由来とは違いますが、確かに競泳用コースの様に長い浴槽。
c0199529_22520764.jpg
お風呂に先端までいくと、最上川源流の滝が見えるのですよ。これはいい!!
c0199529_22473845.jpg
いやぁ白布温泉満喫できました。これで日帰り入浴代500円は安い。大変お得だと思います。
c0199529_22474287.jpg
泊まりたい... そんな気持ちでしたが明日は月曜日ですので帰らねばならないのが残念です。

[PR]

by CHANGPING | 2018-06-03 09:48 | 旅行記(国内) | Comments(0)

山形ツアー2018 ①支那そば「熊文」(山形県米沢市)

新しい高速道路が開通したらしい。調べてみると、どうやら走行料金は無料らしい。なんで???
という事で「ラーメンでも食べにいくか?」と軽い気持ちでワイフに話したらノリノリで... 山形県米沢へと向かいました。
c0199529_22302367.jpg
気がつけば、ちょうど1年前にも訪れていました。これもご縁ですかね。
当初は大人気ラーメン店「龍上海」へ行ったのですが、信じがたい大行列。並ぶのは嫌いではありませが、帰路の関係もあるのでそうのんびりと並んでいる場合ではありません。という事でネットで調べた「熊文」さんへと伺いました。龍上海から目と鼻の先って感じです。
c0199529_22544498.jpg
店内はキレイで清潔感に溢れていいます。なかなか繁盛している感じ。
c0199529_22544975.jpg
中華そば(大盛り)です。ベーシックな支那そばって感じですね。
インスタントラーメンばりに縮れ麺です。至ってフツーの味ですが、この味で育った人には間違いなくソウルフードになると思います。
c0199529_22545340.jpg
そのまま帰路につくのもなんなので「上杉城史苑」へと立ち寄りました。
c0199529_22545884.jpg
「米沢牛コロッケ」と「米沢牛メンチカツ」。これがサイコーに美味しい!!
c0199529_22550222.jpg
後日、お土産に買った東光の日本酒と、
c0199529_22551058.jpg
蔵王チーズを堪能しました。
c0199529_22565232.jpg
大変美味しゅうございました。
次回へと続く。


[PR]

by CHANGPING | 2018-06-02 22:48 | 旅行記(国内) | Comments(0)

本能寺跡地(中京区小川通蛸薬師元本能寺町)

本能寺の変。
言わずと知れた、天正10年6月2日(1582年6月21日)早朝、京都本能寺に宿泊していた織田信長が、家臣明智光秀の謀反によって襲撃された事件のことです。
その現場となった「本能寺跡地」へと行って参りました。
c0199529_11313794.jpg
いやぁ歴史好きには堪らないものがあります。
c0199529_11314337.jpg
現在では京都市立堀川高等学校本能学舎と京都市本能特別養護ルームの施設となっていています。
c0199529_11314830.jpg
京都市本能特別養護ルーム側(北東部)の石碑です。
c0199529_11315437.jpg
c0199529_11315815.jpg
日本史を揺るがした大変な事件がここで起きたのかと想いを馳せるのが京都観光の醍醐味。
地味ながらもこういう散策はやめられません。

[PR]

by CHANGPING | 2018-05-18 21:22 | 旅行記(国内) | Comments(0)

京都拉麺小路「ますたに」

京都駅ビルの空中経路です。こんなのあったのですね、知らなかった。
c0199529_10044499.jpg
外を眺めるとなかなかの高さがあります。でも僕は高所恐怖症ではないので全然問題ありません。
c0199529_10051590.jpg
空中経路を渡りきったところに "京都拉麺小路" なる大変魅力的なスポットがありました。
c0199529_10044838.jpg
いいですねー。京都らしく和風で落ち着いた雰囲気が高級感を演出していますね。
c0199529_10045349.jpg
どこにするか少しだけ迷いましたが、やはり京都なので京都のラーメンを。という事で "ますたに" さんに並びました。まぁ魚介系ラーメンは苦手なので、必然的に選択肢は狭まります。「鶏ガラをベースに濃い目の醤油ダレと背脂をまぶしたあっさりしながらもコクのあるスープ」というのが期待値をグンっと高めます。
c0199529_10045965.jpg
オーダーした中華そばが来ました!
食べてみると... ん??? 思ったよりは博多系豚骨に寄っているなぁ。少し豚くさい...のはまぁ許容範囲ですが、僕は東京や横浜系ラーメンが好きで、ソーメンの様な細過ぎる博多系の麺はちょっと苦手なのです。(博多の方々ゴメンナサイ。)
c0199529_10050651.jpg
まぁラーメンの好みは人それぞれですので参考まで。
c0199529_10050905.jpg



[PR]

by CHANGPING | 2018-05-16 21:58 | 旅行記(国内) | Comments(0)

雨の京都出張

自他共に認める晴れ男の僕ですが、今回の関西出張では雨に見舞われました。
飛行機、揺れましたよぉ〜。
c0199529_09565373.jpg
それでもリムジンバスで京都駅前に着く頃には小康状態となってくるところが晴れ男たる所以ですな。
c0199529_09572082.jpg
京都駅からほど近いホテル。雨なので飲みに出かけたくもないですが一人ではないのでそうはいかず...
c0199529_09565878.jpg
京都駅前を中心にお店を探し、「龍馬軍鶏農場」さんへと飛び込みました。「龍馬」という名前に惹かれたのは言うまでもありません。そう言えば龍馬が切られる夜、近江屋の下僕に軍鶏鍋をオーダーしたんですよね。感慨深い。
c0199529_09570140.jpg
翌朝、幸い雨はあがっていました。でも夕方からは雨の予報... 傘は手放せない様です。
気がつきませんでしたが、ホテルの隣には「不動堂明王院」なるものがありました。
c0199529_09570571.jpg
新選組???
どうやら「新撰組まぼろしの屯所」とも言われ、西本願寺から不動村に移った新選組の三番目の屯所は、不動堂明王院であったと考えられるのだそう。(諸説あります。)
c0199529_09570924.jpg
c0199529_09571417.jpg
京都というところは何度訪れても新しい発見があり奥深い、大変魅力的な場所ですね。
ワイフとゆっくりと訪れる事を心に決めました。


[PR]

by CHANGPING | 2018-05-13 11:18 | 旅行記(国内) | Comments(0)

京急「みさきまぐろきっぷ」城ヶ島上陸編

マグロ切符にセットになっている「おもひで券 C」を乗船フリーパスへと交換し、城ヶ島へと渡ります。



三崎港を出発したと思ったら即到着した様なイメージ。やたらと近い距離です。もっと乗っていたかった様な、船酔いしない距離でよかったと安堵する様な複雑な気持ちです。


城ヶ島の釣り堀というかこれは生け簀に竿を垂らしていると言った方が正解でしょうか、ダイナミックです。
c0199529_08144880.jpg
昭和の海水浴シーズンを彷彿とさせる良い雰囲気が漂っています。まるでタイムスリップしたかの様。
c0199529_08145388.jpg
c0199529_08145769.jpg
なんかこう上手く言えないのですが、心の奥底をキョンとさせるとても懐かしい雰囲気。これ、映画のセットではなくて現役バリバリのお店なんですよ。
c0199529_08150225.jpg
懐かしい街並みを堪能しつつ、少し厳しい階段を登り城ヶ崎灯台へと向かいます。
c0199529_08150884.jpg
城ヶ崎灯台は地味な佇まいながらも、東京湾の入り口を照らす重要な灯台とのこと。近頃は「恋する灯台プロジェクト」なるものがあり、なかなかロマンティックな場所の様ですよ。(詳しくはこちらを参照
c0199529_08152322.jpg
城ヶ島の美しく壮大な景色は動画でどうぞ。






帰路のバスは大大大渋滞... よほど途中下車して歩いて行こうかと思うくらいでしたが、まぁG/Wに来た自分の責任もありますかね。
ようやく到着した "三崎マグロ駅" では希少な(?)「京急ブルースカイトレインリラックマVer)」が入線してきました。ラッキー...なのかな???
c0199529_08153822.jpg
いやぁとにかく大渋滞と大行列に見舞われたツアーでしたが、天気にも恵まれて結果大満足です!
三崎港もよかったし城ヶ島は最高でした。京急さんはナイスな企画を考えたものですね。(仕事で乗る時も、今度からはもっと敬意を持って乗車したいと思います。)

今度は平日の空いている時に、ゆっくりと宿泊で訪れてみたいものです。

[PR]

by CHANGPING | 2018-05-03 00:01 | 旅行記(国内) | Comments(0)

京急「みさきまぐろきっぷ」三崎港編

いつもビジネスで多用している品川駅の京急乗り換え口。今日はレジャーでお世話になります。
c0199529_23094499.jpg
このG/Wはが海外へいく時間もお金もないので、京急のお得切符「みさきまぐろきっぷ」を使い、美味しいマグロを求めて三崎港へ。この切符、よくTVで紹介されているので気になっていたのですよねぇ。
c0199529_23095110.jpg
品川から特快で約1時間でようやく到着しました。運良く席に座れたのでそれほど苦ではありませんでしたが "特快" とは言えやっぱり遠く感じるなあ。
でもこんな看板を目にすると一気にやる気が漲ります。三崎 "マグロ" 駅とはセンスいいなぁ。
c0199529_23100371.jpg
G/W真っ只中という事で少しは覚悟していましたが、三崎港行きバスはこの行列。なかなか気が滅入ります...
がしかし実際に並んでみると結構早く乗車できました。ちなみにこの往復バス代もお得切符に含まれていますよ。
c0199529_23101100.jpg
ようやく三崎港へと到着しました。途中の渋滞には辟易してしまいますが、この真っ青な空とキレイな海を見るとこれまた一気にテンション上がりますね。キモチいいー!!
c0199529_23102027.jpg
さすがマグロの街、大間に負けじと(?)魚屋さんのオブジェもダイナミックです。
c0199529_23102454.jpg
さすがにお昼時ですのでどのお店も大行列です。並ぶのはまぁいいのですが、どのお店にしようか右往左往...
c0199529_23102937.jpg
これと言った理由はないのですが、清潔感溢れる店構えに惹かれてか「香花」さんに決めました。収容人数が多いせいか回転も早く、それほど待たずに入ることができたのはラッキーでした。10分程度だったでしょうか。
c0199529_23103735.jpg
じゃ〜ん、久々のご対面「みさきのマグロ」です。(以前は確か主任の時の社内研修で三浦海岸の研修所に来た時ですので、もう随分と前の事です。)
確かに美味しいなぁ。でもコレ、かなりの上げ底だよなぁ... ボリューム的には少々物足りない感じです。
c0199529_23104542.jpg
そして食後は三浦市の産直品売り場、今風に言えば "三浦フィッシャーマンズ・ワーフ" の「うらり」へと向かいます。
c0199529_23105277.jpg
館内は活気溢れる市場って感じですね。
c0199529_23110044.jpg
その場で食べれるB急グルメもたくさんありました。僕は迷わずに大人気のマグロコロッケを購入しました。
c0199529_23110739.jpg
c0199529_23111596.jpg
アウトドアで生ビールを飲みながらのコロッケは最高です。コロッケにもマグロの切り身がしっかりと入っており大変美味しゅうございました。
c0199529_23112557.jpg
がしかし、時折上空のトンビが狙っているので油断はできませんよ。火の付いたバーベキューコンロから強奪する強者のトンビもいるくらいですから、コロッケなんていとも簡単に取られそうです。


c0199529_23113409.jpg
次回「城ヶ島上陸編」へと続きます。


★★★三崎港の風光明媚な写真を掲載しています。クリックしてください!! ★★★
[PR]

by CHANGPING | 2018-05-02 08:11 | 旅行記(国内) | Comments(0)

東大寺の鹿さん

東大寺と言えば大仏...ですが、鹿さんも忘れては行けません。
c0199529_22162390.jpg
大仏様だけではここまでの観光地になったでしょうか? 名脇役ですね!
c0199529_22162959.jpg
お尻の匂いを嗅ぐのは犬と同じ???
c0199529_22163429.jpg
鹿せんべいは修学旅行の時買ったなぁ。写真も残っているのでよく覚えています。そう言えばお札を食べられたマヌケな奴もいたっけなぁ。
c0199529_22163835.jpg
鹿さんの動画を載せておきます。キラキラとした目が可愛いですね。


[PR]

by CHANGPING | 2017-11-08 22:23 | 旅行記(国内) | Comments(0)