日産:NISSAN CROSSING 銀座

どんよりと曇った秋空です。
今思えば、まるでカルロス・ゴーン会長の逮捕を暗示していたかの様...

先日、仕事で築地へ行く前に少し時間があったので、NISSAN CROSSING 銀座で暇つぶし。
c0199529_18585371.jpg
僕、日産車を所有した事はないのですが、日産車って結構好きなんですよね。僕が子供の時代は硬派というか、少しヤンチャなイメージがありました。(そういえばBMWも少し前まではそういうイメージでしたね。)
その最たるものがこのフェアレディZでしょうか。



c0199529_18585724.jpg
c0199529_18590002.jpg
c0199529_18590315.jpg
そしてこの「NISSAN CONCEPT 2020 Vision Gran Turismo」は圧巻でした。隣にあるGT-Rが可愛く見えてしまうほどの迫力。カラーもマットな感じですシブイ!!
c0199529_18590893.jpg
c0199529_18591263.jpg
c0199529_18591970.jpg
c0199529_18592256.jpg
c0199529_18592527.jpg
c0199529_18592862.jpg
c0199529_18593210.jpg
c0199529_18593663.jpg
展示車は定期的に入れ替わる様なので、暇つぶしに良い場所だなぁと思います。
クルマ好きには超オススメです。

[PR]

by CHANGPING | 2018-11-19 22:03 | 江戸ブラブラ | Comments(0)

秋葉原「かんだ食堂」約60年の歴史に幕(3月24日をもって閉店...そして現在)

日本サブカルチャーの聖地・秋葉原。
若者の胃袋を満たしてきた老舗食堂のひとつ「かんだ食堂」が、2018年3月24日をもって閉店してしまいました。
c0199529_21274995.jpg
<お店からのお知らせ>
「昭和三十三年開店以来五十九年余りに渡りお引き立て頂きましてありがとうございます。突然ではございますが、この度諸般の事情により閉店することとなりました。これまで賜りました皆様の長年に渡るご愛顧を心から感謝申し上げます。三月二十四日(土)までの営業となります。かんだ食堂店主」(かんだ食堂お知らせより)
c0199529_21275763.jpg
そして現在はこんな感じになっていました。
c0199529_10403162.jpg
こういう光景を目にすると、

地響きがガンガンと工事現場に響き渡り
やがて親父の店にも新しいビルが建つという

長渕剛の名曲「西新宿の親父の唄」のフレーズが頭を過ぎります。
c0199529_10403514.jpg
時代の流れ... 仕方のない事なのですが寂しいキモチになります。
[PR]

by CHANGPING | 2018-11-18 21:59 | 江戸ブラブラ | Comments(0)

真言宗総本山 東寺〔教王護国寺〕

ホテルの窓から撮った京都の朝焼けです。
c0199529_14014534.jpg
今回はいつものアパホテルではなく、八条口の「京都プラザホテル」に宿泊しました。
見下ろせば近鉄の東寺駅。そしてその先には東寺の五重塔を望む事ができます。ややレトロ感というか昭和感が漂うホテルでしたが、なかなかのロケーションです。
c0199529_14014950.jpg
せっかくなので陽の高い時間に東寺へ行ってみました。境内には入りましたが時間的な問題で五重塔見学は諦め、遠くから見ただけです。京都出身の島田紳助イチオシ観光地の東寺。今度は仕事ではなくプライベートでゆっくりと散策してみたいものです。
以下に写真を数枚載せておきます。
c0199529_14015340.jpg
c0199529_14015741.jpg
c0199529_14020007.jpg
c0199529_14020303.jpg
c0199529_14020780.jpg
c0199529_14021067.jpg
c0199529_14021334.jpg
c0199529_14021778.jpg

[PR]

by CHANGPING | 2018-11-17 18:45 | 旅行記(国内) | Comments(0)

TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZE に遭遇

この日は仕事で大阪から京都へ移動。特急サンダーバード号に乗車しようと大阪駅のホームでボーっと待っていると「TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZE(回送)」が入線してきました。全く予測していなかったのでこれにはビックリ! 油断していました。
c0199529_13423413.jpg
車両のドアは開かずに、車内ではSTAFFの皆さんが準備をされておりました。京都駅からの乗車に備え向かうところなのだろうとはすぐに理解。そうこうしているうちにすうぐに発車。


自分はその後のサンダーバード号に乗車。閑散とした自由席に座りながら車窓を眺めていると、京都駅の少し手前の待避線にTWILIGHT EXPRESSが停まっておりました。サンダーバード号が追い抜いたカタチとなります。
そして京都駅に到着すると、それはもうお祭り騒ぎ。
乗車される方はいかにもって感じの老夫婦。そりゃ若者に乗れる金額ではないでよねぇ。
c0199529_13424032.jpg
入線とは逆方向となるので、比較的空いている最後尾でパシリ。
c0199529_13424387.jpg
斬新なデザインで圧倒されます。
c0199529_13424677.jpg
ホームに面して浴槽。車窓を眺めながら入るわけにはいかないでしょうが、気持ち良さそうです。
c0199529_13424909.jpg
c0199529_13425139.jpg
そして先頭車両はこの通り凄い人気です。
c0199529_13425709.jpg
京都駅から出発するTWILIGHT EXPRESSの勇姿をじっくりとごらんください。
最後尾、展望車両から手を振る方々が誇らしげでなんとも羨ましいです。



いつの日か、必ず乗ってやる!


[PR]

by CHANGPING | 2018-11-11 13:59 | 夜汽車への誘い | Comments(0)

大阪球場メモリアルプレート(なんばパークス)

大阪繁華街の中心地「なんば」。
南海鉄道の駅はレトロな雰囲気ですが、威風堂々とした建物でいつ見ても圧巻です。
c0199529_12563611.jpg
かつてこの駅に隣接して南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の本拠地、大阪スタヂアム(通称大阪球場、または難波球場)があったとはとても想像できません。
c0199529_13244441.jpg
調べてみると、1998年まで使用され、その後住宅展示場として迷走(?)した後、取り壊しとなりました。
c0199529_13244845.jpg
現在は大型複合施設「なんばパークス」が建っています。
なんとなく、線路に沿ったカーブのラインがその面影でしょうか?
c0199529_13245282.jpg
その「なんばパークス」に当時を偲ぶものがあるというので早速行ってみました。
その中はかなり複雑... さすがの僕も少し迷いました。
c0199529_12564030.jpg
あーこれです! 大阪球場メモリアルプレート!!
ここが大阪球場の跡地だと示すものとして、ピッチャープレートとホームベースのオブジェがコンコースの床に埋め込まれているんです。
c0199529_12564363.jpg
う〜む、この場所にホームベースがあったのか。という事はココにあのノムさんが座って構えていたのか。と思うとなんとも感慨深い。
c0199529_12564681.jpg
c0199529_12564944.jpg
そしてもちろんピッチャープレート
c0199529_12565330.jpg
c0199529_12565567.jpg
その風景は随分と変わってしまいましたが、かつての痕跡を残すってなかなか粋な事をしますね。南海ホークスや大阪球場がいかに大阪市民に愛されていたかよく分かります。
c0199529_12565872.jpg
なんば駅前にもどると、きよし師匠が該当演説をしていました。TVで観ていても小さいと思っていましたが、実際にはもっと小さいのですね。でも、良いスーツを着ているのはよく分かりました。
c0199529_12570239.jpg

[PR]

by CHANGPING | 2018-11-08 21:30 | 浪速ブラブラ | Comments(0)

Kindle Paperwhite(キャンペーン情報なし)を買いました

書籍は誰がなんと言おうと "紙派" ! 電子書籍なんて言語道断!!
と叫んできた僕が、遂にKindle Paperwhite(キャンペーン情報なし)を買いました。
c0199529_08303766.jpg
理由はその軽さです。出張の多い僕は移動中よく本を読みます。単行本であれば小さくて軽いのでまだ良いのですが、分厚い新書はどうしても重くて嵩張ります。モバイルPCも持ち歩くので、出張バックは大変な重さになります。
c0199529_08202422.jpg
「電子書籍って文章が頭に入ってくるのかな?本の内容を理解できるかな?」とずっと懸念しておりましたが、全く心配ありませんでした。紙の本とまったく遜色ありません。217gという軽さ、数週間もつバッテリー、素晴らしいです。もっと早く買えばよかった!
ただ「気に入った本の背表紙が本棚に並んでいる様」がなくなってしまうのはちょっと寂しい気もします。


[PR]

by CHANGPING | 2018-11-02 22:25 | デジモノ | Comments(0)